2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.08.04 (Fri)

レッスン274~276回ぐらい

現在の進み具合は
<進捗状況>
・2つのヴァイオリンのための協奏曲 第1楽章 第2ヴァイオリン by バッハ

この曲も既に4か月練習しています。
ようやく先生とのアンサンブルで1曲を通して弾けるところまでたどり着きました。
ここからは音程を通いしながら曲を仕上げていくことになりました。
3ページあるので1ページづつ3週間かけて細かく指導してもらいます。
[♮]のつもりで弾いてた箇所が実は[#]だったとか間違って弾いていた箇所が数か所。
正しい音で弾くと綺麗なメロディーになりました(←あたりまえです)

最近は珈琲の焙煎もありバイオリンの練習は週3~4回と減ってしまいました。
この曲が仕上がるにはもう少し時間がかかりそうです。( ̄▽ ̄;)!!
スポンサーサイト
13:48  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.06 (Thu)

7周年

ヴァイオリン歴が7年となりました。

この1年はのんびりと進めてきました。
それでも苦手な箇所の練習方法などを工夫することで自分にあった方法がわかってきた気がします。
人前で演奏することがなくなったので猛練習することがないので大幅なレベルアップはできてない
けど、ヴァイオリンと楽しく向き合えているのでこのままで今はいいです。

今年から始めた「珈琲の焙煎」と「ヴァイオリン」両方とも楽しい時間を過ごせてます。
8年目もゆっくりしたペースですが練習を続けていきますよ!!

※※  ※※  ※※  ※※  ※※  ※※  ※※
課題曲が途中で録音できる曲がなかったので今回はありません。
また録音できる時が来たらやりたいと思います。
16:11  |  ヴァイオリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.06 (Thu)

レッスン272~273回ぐらい

現在の進み具合は
<進捗状況>
・2つのヴァイオリンのための協奏曲 第1楽章 第2ヴァイオリン by バッハ

この教本の中でもこの曲はとびぬけて難易度が高いように感じます。
やっと全3ページの譜読みが終わり、アンサンブルの練習に入りました。
まだポジション移動手前で止まってしまったり、テンポがと速くなったりとまだまだ先は長いです。
音程についてはまだ追求しません。アンサンブルで通して弾けるようになったらとなりました。
そこに到達するまでが大変。^^

一曲をひたすら練習できる日々・・・平和です。
15:56  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.15 (Thu)

レッスン269~271回ぐらい

久しぶりのレッスン記事です。
最近は珈琲関連が楽しくてそちらにばかり気がいっています。^^
これももう少しで落ち着いてくると思うので練習と焙煎を上手に楽しめると思います。

現在の進み具合は
<進捗状況>
・2つのヴァイオリンのための協奏曲 第1楽章 第2ヴァイオリン by バッハ

現在は全3ページの譜読みが終わり、楽譜に慣れるまでリズムや音程のチェックをしてもらっています。
1、2、3ポジと出てくるのでまだ頭で考えながら弾くため、ポジション移動で演奏が一度ストップしてしまいます。
あとポジションによって指の開き幅が違うので音程が難しいです。
私の場合は3ポジの指の開きが基準になってしまい、1ポジ、2ポジでは全体的に低くなる癖があります。
これは練習中に音程を意識しながら体に覚えさせる必要がありそうです。

慣れた箇所はポジション移動もスムーズに弾けるので、練習を繰り返せばストップしないでいけそうです。。
先生とのアンサンブルは弾けるところまで行いました。
来週はお休みなので次回のレッスンでは1曲通してアンサンブルができそうなところまでいきたいです。

あと作ってみたいブレンドが頭にあるので焙煎も頑張ります(笑)
15:36  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.22 (Mon)

珈琲が好き・・・でもこれはやりすぎ

長い間、自分好みの珈琲を探してきました。
もう15年以上もいろいろなお店で買って自分好みの珈琲を探してきましたが、
自分にとっての定番が見つかりませんでした。

そこで2017年、"珈琲の自家焙煎はじめました"

まずは道具ですが
   手煎り焙煎器「煎り上手」
を使用してます。
焙煎には15分~20分ほどかかるので腕が疲れます。
ブレンドしようと思うと3、4種類の豆を焙煎する必要があるので結構な作業量です。
(私は腱鞘炎をやっているので焙煎をした日はヴァイオリンの練習は無しにしています)
焙煎後は1週間ほど家中が珈琲の匂いに満たされます。
(家族と暮らしている人は嫌がられる可能性大)



乳児のいる友人にデカフェ(ノンカフェイン)の豆を焙煎しプレゼントしたり、
珈琲の道具をもって友人宅ので、焙煎した豆を使って珈琲を淹れたり、
バイオリンの先生にも豆をプレゼントしたりもしています。

パンや料理は出来たてが一番おいしいのですが、焙煎した珈琲豆は煎りたてではなく
3日後ぐらいからが飲み頃になります。
だから一生懸命焙煎しても実際に飲めるのは数日後となってしまうのが残念です。

昨日は深煎りの豆が残っていたので珈琲ゼリーを作りました。
濃い目に淹れた珈琲にグラニュー糖とゼラチンを混ぜて冷やすだけです。
今後は使う珈琲豆を変えたり砂糖の量を調整してオリジナルを目指します。

珈琲が好きとはいえ焙煎はやりすぎ・・・はい、わかってます!!^^
14:09  |  珈琲  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT