2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.09.06 (Tue)

久しぶりにJazzでも・・・

先は誕生日月でいろいろな所で割引サービスが受けれました^^
そして某ショッピングサイトでも誕生日月限定で合計1300円の割引ポイントを貰いました。

せっかくなのでポイントを使ってCDを買おうと考え、普段買わない物を買ってみようと思い
Jazzバイオリニストである寺井尚子さんの新作アルバム『ライムライト』を購入しました。
これを選んだ決め手は
 ・シャコンヌ
 ・エル・チェクロ
 ・シング・シング・シング
が収録されていてたからです。

特に「シャコンヌ」のJazz調の演奏はカッコイイ!!
いつもクラシックの無伴奏ヴァイオリンとしてのシャコンヌとは違ってとても新鮮です。


ヴァイオリンを習い始めてからJazzから遠ざかっていかけど、
(あ~、やっぱJazz好きだな~)
と改めて実感しています。
スポンサーサイト
00:37  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.06 (Mon)

ヒントを求めて

ヴァイオリンを始めてからは音楽に携わる方の本を読むのがとても楽しいです。
音楽に対する思いや向き合い方などを読んでいると、音楽の力や可能性を感じることができます。
何により
 練習のヒント
をたくさんもらうことできます。

最近読んだ本を2冊について書いてみたいと思います。

1.愛に生きる「才能は生まれつきではない」 著者:鈴木 鎮一
 著者の方のお名前に見覚えのあるかたも多いと思います。
 この本を手にとった理由は背表紙にバイオリンの絵が載っていたので手にりました。
 そして著者の「鈴木」で思い浮かんだのが私の楽器「鈴木バイオリン」です。
 きっと私の楽器と関係がある方だと思って読んでみることにしました。

 調べてみると著者:鈴木鎮一さんは「鈴木バイオリン製造の創設者:鈴木政吉」
 の息子さんで、鈴木鎮一さんは「スズキ・メソードの創始者」だと分かりました。
 この本には「すべての子供はよく育つ」と信じ「落伍する子を出さない教育」
 目指してとりくんできた幼児教育について書かれています。
 驚くことに著者はアインシュタインと演奏会へ出かける仲だったそうです。
 詳しくは本をお読みください(笑)
 
2.心を紡ぐ「ディア・リトルピアニスト」著者:北村 智恵
 この本はピアノの先生である著者が、ピアノを習いにきた子どもたちにあてた手紙を集めた文集です。
 決してピアノの練習方法や子供への指導の仕方が書いてあるわけではありません。
 先生が一人ひとりの子供達にどれだけの愛情を持って接してきたか、
 子供たちの成長をどんな思いで見守ってきたか

 を手紙に綴ったものです。
 
この2冊の本は共通してプロを育てることを目指した指導はしないということです。
音楽と共に子供たちが成長することで子供たちの人生がより豊かになる事を願って
指導してきたことが書かれています。

個人的なおすすめは
 心を紡ぐ「ディア・リトルピアニスト」
で、子供とのやりとりがとてもかわいらしく読んでて楽しいと思いますよ^^

17:14  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.16 (Mon)

教本の著者

先日読んだ本の紹介です。

「海峡を渡るバイオリン」著者:陳 昌鉉

著者である陳昌鉉さんはバイオリン製作者です。
私は「ヴァイオリン製作ってどんなんだろう」という興味からこの本を手にしました。

でも内容は私の想像とは違って、戦争や差別などを乗り越えてただひたむきにバイオリン製作に
没頭する職人の半生が綴られていました。

この本は2004年にテレビドラマ(主演:草剛)として放送されたことがあるそうで、
ご存知の方もいると思います。

この本を読み進めていくととある方の名前が登場します。
 「篠崎 弘嗣」さん
このお名前どこかでみた覚えがありますねぇ。

私を含めバイオリンを練習している多くの方がお世話になっている
  教本「篠崎バイオリン」
の著者です。
陳昌鉉さんの製作したバイオリンの価値を認め多大な影響を与えた人物として登場します。

今まで自分が使っている教本の著者の方について調べてみようと思ったことがありませんでした。
でもこの本を通して少しだけその人柄を知ることがでた気がします。(^▽^)
16:59  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.10 (Thu)

ボルガの舟唄

今週のレッスン課題に
 篠崎バイオリン1巻 No.159
  ボルガの舟唄 by ロシア民謡
という曲があります。
IMG_2056_convert_20110310221238.jpg

一生懸命に譜読みをしたのですがどうしてもメロディーがわかりませんでした。( ̄□ ̄;)
頼りたくはなかったのですが、先に進むことを優先してネットで調べてみました。

この曲はgoo辞書よるとに
 ロシア民謡。作曲者未詳。
 本来は、ボルガ川をさかのぼる船の綱を引いた人たちの労働歌。

だそうです。
原曲の歌詞を載せようかと思いましたが、ロシア語がわかる人が少なそうなので止めました(笑)


5分とちょっと長いですが是非全部聴いてみてください。

私にはとても心地の良い曲でした。
メロディーがわかったところで、あとは頑張って練習するのみ
ところでこの曲を知っている人はどれだけいるのでしょう?
この教本が発売された当時は有名だったのでしょうかね^^
22:53  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.21 (Mon)

CDの収納

昨年ヴァイオリンを始めてからクラシックのCDをいろいろ購入しました。
でも今までCDをしまっておく場所を確保してなかったので、適当に
積んで置いてました(笑)
これからもまだまだ増えそうなのでCDラックを購入しました。
IMG_2050_convert_20110221004300.jpg
高さ80cmなのでそれほど大きくはなくて、100枚収納できるようです。
表には好きなCDジャケットを並べてインテリアにもなります。

ただ毎回ここから取り出すのも大変なので、CDをケースから出して
中身は外に出すことにしました。
IMG_2053_convert_20110221004508.jpg

これで散らかっていたCDも綺麗に収納できました。(^▽^)
※※  ※※  ※※  ※※  ※※  ※※  ※※

今日は3ヶ月ぶりにバスケットボールをしてきました。
久しぶりの運動ですでに体のあちこちが痛くなってきました。
明日にはもっといろいろな箇所にガタがきそうで恐いです。( ̄Д ̄;)
00:52  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT