2010年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.08.29 (Sun)

健康診断&スポーツDay 2010年8月28日

昨日の話ですが毎年この暑い時期に会社からの健康診断を受けてます。

30歳を超えた人は半日人間ドックとなり、もれなくバリウム検査がついてきます。
私は健康に自身がなかったので、志願して29歳の時から半日ドックを受けてます。

ではまずは今日の問診の結果から。。。
特に異常なし(正式な結果は2週間後)
もともと血糖値が高い体質なので、基準値を若干超えてますが気にする必要はなしとのことです。

この健康診断、私には2つ苦手な検査があります。

その1:採血 (注射が怖いわけではありませんww)

  もともと血管がみにくいそうで、いつも左右の腕を調べグー・パーや強く拳を握る運動をさせられます。
  苦手になったのは
   20歳の時、仕事が多忙で寝不足とストレスなどから精神性胃炎になりました。
   この時の採血で血がまったく採れないどころか採決中に頭がくらくらして、
   そのままベットを借りて寝込んだ経験があります。
  この日以来、採血の時には不安がつきまとうようになりました。
  
その2:胃の検査(バリウム)
 バリウム検査では当日、食事はもちろん水を飲むことも禁止されます。
 (毎年8月の暑い時期に朝起きてから検査まで水も飲めないのはつらすぎます。( ̄Д ̄;;)

 検査ではバリウムを飲む前に顆粒の発泡剤(炭酸)を飲みます。
 このとき技師さんに「ゲップをしちゃダメですよ」と言われるのですがこれを我慢するのがつらい!!
 私は初めての時にゲップをしてしまい、発泡剤を2回飲まされました。 

 あとドロドロしたバリウムを飲むのが苦手で、ゆ~くりしか飲めません。
 すると技師さんは「ゆっくりで良いですよ~、待ちますから」
 と声がかかるのですが、「残して良いですよ~」とは言ってくれません。
 ずるして少し残すと
 「あと少し残ってますね~、頑張って飲みましょうか」
 と少し残すことも許してくれません。(←それでも意地で少し残しましたww)

 毎年バリウム検査で強く思うことがあります。
  体やのサイズに合わせてバリウムの量を減らしてほしい
 例えば、S. M. L. LLサイズから選べるとか。。。
 ま~、この願いはかなわないでしょう。 ̄▽ ̄;)!!
 
午前中に健康診断
お昼からはヴァイオリンの練習
夕方からは毎月恒例のバスケットボールをしてお食事会へ行き帰るのは日にちが変わった頃です。

※※  ※※  ※※  ※※  ※※  ※※  ※※

私は昔から体系がほとんど変わっていません。

18歳の頃から毎年、春夏秋にジョギングをしています。(←冬は寒いのでスルー)
20代の頃は少しサボっても体系に変化はなかったのに、
30代に突入してからはサボると顕著に現れます。

今年は6月からヴァイオリンを始めたので、ジョギングをサボってしまいました。
(ジョギングの時間をヴァイオリンの練習にあててたもので・・・と言い訳してみる)
その結果罰として、
 体重、ウエストともに増加。( ̄□ ̄;)!!
毎日の時間の使い方をそろそろ改めなければと反省しております。


スポンサーサイト
14:56  |  遊び  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT