2011年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.10.26 (Wed)

レッスン53回目&演奏会

まずは先週のお話を・・・

先週の木曜日、先生の母校の定期演奏会に行っていました。
今回のプログラムは
 マーラー 交響曲第2番 ~復活~
です。
演奏はこの一曲のみで「休憩なし」の通しで演奏します。
曲は約80分前後で演奏側も聴く側も大変です(笑)

この曲はCDで持っていたので事前に何度か聞いて復讐をしていきました。
CDと違ってアマオケの演奏とはいえ生演奏だと体に伝わってくる低音の響きや、
ホールの反響で迫力のある音量などとても楽しめました。
特に第5章のオケの演奏に負けない迫力のある合唱が聴けました。
演奏の途中では舞台裏(袖)から音が聞こえてくるといった演出がりました。

それでは昨日は水曜日、レッスンの日でした。

【課題をチェック 】  
  篠崎バイオリン教本2 カイザー練習曲 No.1(P.52)
   リズムNo.18
     カイザー1番も最後のリズムとなりました。
     一発合格を狙って2週間メトロノームを使ってしっかり練習して結果・・・
     合格
     このリズム練習で一発合格は初めてです。
     [リズムNo.18]だけは「No.18 A」[No.18 B]の2種類あります。
     だからリズム練習の合計は19パターン!!
     きっと1ページに収めるための手法として[A、B]に分けたんでしょうねぇ
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  篠崎バイオリン教本2 No.23 ホ調短音階
   リズムパターン No.2 の練習
     「スタッカートの音が重い」そうです。
     このリズムは曲「ウィッチダンス」で応用するので、
     指導はその時に・・・
     不合格   
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  篠崎バイオリン教本2 No.32 ウィッチダンス by Paganini
    スタッカートの音の止め方が右手に力を込めて止めているので、
    「キュッ」と出てしまって重くなっているようです。
    弓を多く使って力を抜くよう指導されました。
    あと「[レ#]の2箇所が[レ]になってますよ」と軽~く言われました。
     不合格
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
【次週の課題 】  
  篠崎バイオリン教本2 カイザー練習曲 No.3(P.58)
   ・リズムNo.3 - スタッカート
  篠崎バイオリン教本2 No.27 二調長音階
   ・リズムパターン2
  篠崎バイオリン教本2 No.32 ウィッチダンス by Paganini
※※  ※※  ※※  ※※  ※※  ※※  ※※
 「カイザー1番」、約3カ月のお付き合いでついに終わりました。
 とはいえ、ま~特別な思い出はありませんのでとっとと次へいきます^^
 続いては「カイザー2番」かと思いきやそれは飛ばして「カイザー3番」となりました。
 今度もリズムムターンが11個あるので、またまた長いお付き合いになりそうです。
 
 練習中の曲「ウッチダンス」は軽やかで楽しい曲となっています。
 私の譜読み方法は、まず「スラーは無視、リズムはスローテンポ」で曲のイメージを
 つかむ作業から始まります。
 そして「ウッチダンス」をバラード調で弾いた時のメロディーがとてもきれいで
 その弾き方が私は好みです。帰り際、先生に
  生徒「この曲、スラーとってバラード調で弾くと綺麗なメロディーですよねっ」
 と余分な一言・・・
  先生「えっそうなんですか、それでしたら来週聴かせてください。
     そーやって弾いたことないからイメージ湧かないですねぇ。
     何もイメージ持たないで来週を楽しみにしときます。」

 とこんな事態になってしまいました。
 さてさて先生はこの時の会話を来週まで覚えてるでしょうか?
 私は(忘れててください。)と祈るばかりです(笑)
  
 
スポンサーサイト
13:41  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT