2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.06.29 (Wed)

レッスン41回目

今日は水曜日、レッスンの日です。

ヴァイオリン歴も2年目に突入した最初のレッスン!!
何か変わったのかと言われれば、何も変わってまいません(笑)
でも前よりは「趣味でヴァイオリンを練習してます。」とぐらいは人に言えそうです。
^^
もちろん分かっていましたよ、今日のレッスンの宿題が仕上がり良くないことは!
だから「家に帰って練習したい」って衝動を抑えながら仕事をしました。
そして案の定、今日のレッスンは散々な出来でした。
だけど、その内容があまりにひどすぎて、まったく悔しくありませんでした(笑)

【課題をチェック 】  
  篠崎バイオリン教本2 カイザー練習曲 No.1(P.52)
   リズムNo.9 奇数小節を全弓スラー、偶数小節を先弓or元弓で弾く
    苦手な4連スラーで「隣の弦を弾いてしまう」と私が嘆いたのを聞いて
    先生がその原因を見つけてくれました。
     先生「スラーのアップ(弓)の半分から下にいくと隣を弾くみたいですね。
        小指がちゃんと使えてなくて安定感がなくなってるんだと思いますよ。」

     生徒「なるほど~、小指には注意が回ってませんでした。」
    ゆっくりと全弓ボーイングをして小指の練習をしようと思います。
    不合格
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  篠崎バイオリン教本2 No.12 ト調長音階
   ・9パターンのリズムで練習
     今日はトレモロ
    すると先生がある異変に気づきました!!
    そのお話は後ほど...
    毎週チェック
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  篠崎バイオリン教本2 No.17 メヌエット by J.s Bach
    先生「中盤(シー・ソラシソ(E線))のとこから曲想を変えて欲しいんですよ。
       4分音符では全弓でたっぷり弾いて、p(ピアノ)でかわいらしく、
       もっともっと歌って弾くと、もっと楽しくなると思います。」

   ここで1つ質問、たっぷり弾いたりかわいらしく弾いたりだから
    生徒「テンポはゆっくりになってもいいですか?」
    先生「ならないほうが良い。同じテンポの中で表現して欲しいです。」
   (おー、難易度高いなぇ( ̄□ ̄;)!!)        
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
【次週の課題 】  
  篠崎バイオリン教本2 カイザー練習曲 No.1(P.52)
   ・リズムNo.9 アップで開始&ダウンで開始
  篠崎バイオリン教本2 No.12 ト調長音階
   ・9パターンのリズム
  篠崎バイオリン教本2 No.17 メヌエット(Allegreto) by J.s Bach
  <譜読み>
  篠崎バイオリン教本2 No.18 メヌエット(Animato) by J.s Bach
※※  ※※  ※※  ※※  ※※  ※※  ※※
<弓の持ち方>
 苦手も4連スラーを練習していているときのことです。
 ダウン(弓)で下がりきった手元を見たときに何か違和感がありました
  あれ、中指が浮いている
 弓を親指 、中指、薬指の3本で支えるはずなのに、中指がまったく機能していません。
  「これは修正しなきゃ」
 と思ったのですが頭の中は「?」マークが浮かびます。
  正しい弓の持ち方が分からない
  どこをどう直せばいいんだ

 完全パニック状態です( ̄ロ ̄lll)  
 どうすることもできないまま今日のレッスンへ向かいます。
 レッスンではすっかり忘れて弾いていると先生がこの現象を見つけてくれました。
 そして第1回目のレッスンと同様に弓の持ち方を教えてもらいました。
 2年目の最初のレッスンで1年目の最初のレッスンで教わったことと同じことを
 教えてもらってる自分って...(笑)
スポンサーサイト
13:40  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■弓

奇遇ですねぇ・・・。
私も弓の持ち方を絶賛改造中です。

こうしてせーさんのブログを見ていると、同じ時期には同じことを指摘されるものなんだなぁ・・・と改めて思います。

私は元々、ふわっと・・・というより、ゆるーくツマむような弓の持ち方をしていたので、弓の安定性が悪くマルトレとかは弓が暴れて全然出来ませんでした。なので、速いピシピシした曲は苦手です。

せーさんと同じように、ある日突然、弓の持ち方が気に入らなくなって、自己練習中に崩壊するという事が私もありました。直後に先生に、『深く、ガツッと持て』と修正を受けまして、毎日あーでもないこーでもないと模索しています。多少は安定感が増して来た気がしないでもないです。

私の先生曰く、別に同じことを教えているのは「手戻り」という訳でもないので気にするな・・・とのことでした。出来ては崩し、崩しては直し・・・で上手くなっていくのだそうです。

お互い二年目も頑張りましょう。
また、どこかで弾き合い会とかしたいですね。
ぷぃぷぃ虫 |  2011.07.01(金) 15:48 |  URL |  【コメント編集】

私は5年目ですが、まだまだ右手は注意されまくりです(^_^;)
動かし方はもちろん、弓の持ち方もです。
こんなの私だけかもしれませんけど、右手はホントに難しいです。
今のうちにしっかり吸収してくださいね。
Kaori1go |  2011.07.02(土) 01:52 |  URL |  【コメント編集】

■Re: 弓

#ぷぃぷぃ虫さんへ

> 奇遇ですねぇ・・・。
> 私も弓の持ち方を絶賛改造中です。
> こうしてせーさんのブログを見ていると、同じ時期には同じことを指摘されるものなんだなぁ・・・と改めて思います。

ヴァイオリンを始めてちょうど一年ぐらいに弓の問題にたどり着くようになってるのかもしれませんね。
振り返ると今までは音程ばかりを気にしてました。
でもだんだん曲や課題が難しくなると右手の重要性がどんどん分かり始めてきてます。
そして「これをなんとかしなきゃ」ともがいた結果崩れましたww

> 私は元々、ふわっと・・・というより、ゆるーくツマむような弓の持ち方をしていたので、弓の安定性が悪くマルトレとかは弓が暴れて全然出来ませんでした。なので、速いピシピシした曲は苦手です。

ぷぃさん、あれだけ大きい音出てるのに弓はゆるく持ってたんですかぁ!!
それでもあれだけの音が出せるんですね、もっと研究してみます。
私は力が入りすぎて手首が硬くなってしまします。そして手首が硬いせいで移弦がスムーズにいかなくて隣の弦を弾いてしまってる気がしてます。

> せーさんと同じように、ある日突然、弓の持ち方が気に入らなくなって、自己練習中に崩壊するという事が私もありました。直後に先生に、『深く、ガツッと持て』と修正を受けまして、毎日あーでもないこーでもないと模索しています。多少は安定感が増して来た気がしないでもないです。
> 私の先生曰く、別に同じことを教えているのは「手戻り」という訳でもないので気にするな・・・とのことでした。出来ては崩し、崩しては直し・・・で上手くなっていくのだそうです。

自分では良い方向へ向かおうと思って「あーでもない、こーでもない」と試しているのに、気づくととんでもないことになってるんですよね、不思議です。
上手になりたくて前向きに崩壊していくのは良いってことですね。崩壊したら先生に直してもらうという方向で頑張ります(笑)

> お互い二年目も頑張りましょう。
> また、どこかで弾き合い会とかしたいですね。

また皆で弾きたいですね。あのただ純粋にヴァイオリンが楽しいと思える時間が好きです^^
同じ時期にはじめた人が頑張ってのはとても励みになります。
いっしょに頑張って続けていきましょう。(^▽^)
せー |  2011.07.02(土) 23:31 |  URL |  【コメント編集】

■Re: タイトルなし

#Kaori1goさんへ

> 私は5年目ですが、まだまだ右手は注意されまくりです(^_^;)
> 動かし方はもちろん、弓の持ち方もです。
> こんなの私だけかもしれませんけど、右手はホントに難しいです。
> 今のうちにしっかり吸収してくださいね。

5年目でも「注意されまくり」なんですかぁぁ( ̄▽ ̄;)!!
今までは右手よりも左手(音程)やリズムを重視したレッスンだった気がします。
篠崎2巻に入ってからは+αで表現を重視するレッスンに変わってきてます。
日に日に弓の重要性を感じながら練習していて気づいたら自力では修復不能な状態になってました(笑)
きっとこれからもこんなことが何回も繰り返されるんですね。
これからはもっと右手を意識して練習を頑張ります。(^▽^)
せー |  2011.07.02(土) 23:48 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://seh777.blog134.fc2.com/tb.php/106-bc7e0137

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |