2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.07.27 (Wed)

レッスン44回目

今日は水曜日、レッスンの日です。

前回のレッスンで、私の2音スラーの弾き方が2音目の音が大きくなっていると指摘されました。
先生には「2音スラーでは1音目の方が大きくなるように弾いてくださいね」と言われました。
これは3連譜の時も同じで私の弾き方は2音、3音目と音が大きく長くなるので同じように注意されました。
どうしてもスラーを弾くと徐々に力が入ってしまって後ろの音が大きなってしまいます。
そもそもアクセントをつけるのが下手で1音目を大きく出すことが苦手なんですww

そこで今週はひたすら2音スラー、4音スラーを音階とアルペジオで弾いてました。
なんとかスラーで各音を同じ音量で弾けるようになってきたので少しは進歩した気もします。
この練習で分かったことは、”スラーのアップの移弦が苦手”だということです。
弓は速くなり、移弦の時に隣の弦の音が鳴ってしまったりと安定感がありません。( ̄▽ ̄;)

【課題をチェック 】  
  篠崎バイオリン教本2 カイザー練習曲 No.1(P.52)
   リズムNo.10
     1小節を2音スラー+2音スタッカートで弾く
      合格
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  篠崎バイオリン教本2 No.12、13 ト調長音階
   9パターンのリズムで練習
    2音スラー
      合格
    付点とスラーの混合
      ちゃんとリズムをカウントして正確なリズムで弾くよう注意されました。
    毎週チェック
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  篠崎バイオリン教本2 No.18 メヌエット(Animato) by J.s Bach
    3連符が練習の成果が出てくれて上手く弾けたと思います。   
      合格
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
【次週の課題 】  
  篠崎バイオリン教本2 カイザー練習曲 No.1(P.52)
   ・リズムNo.11
  篠崎バイオリン教本2 No.12、13 ト調長音階
   ・9パターンのリズム
  <譜読み>
  篠崎バイオリン教本2 No.20 ワルツ by J.Brams
※※  ※※  ※※  ※※  ※※  ※※  ※※
<弦交換はいつ?>
 ヴァイオリンを購入して1年1ヶ月が経ちましたが、まだ一度も弦の交換をしていません。
 弦が切れた分けでもないのでいつ頃が換え時なのかよく分かりません。
 そこで先生にどうでしょうと聞いてみたら
  「1年経ちましたし、そろそろ換えても良いと思いますよ。
   ただ今の時期、せっかく弦を換えてもすぐに湿気を含んじゃいますからね。
   出来ればジメっとしてないときに換えるのが良いと思いますよ。」
 
 と先生から許可をもらえましたが、どうも急ぐほどでもないようです。
 弦交換についていくつか注意点を教えてもらったので時期がきたら交換してみようと思います。
 はてさて、いつにしようかな・・・^^
 
スポンサーサイト
13:19  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://seh777.blog134.fc2.com/tb.php/110-c8b6b651

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |