2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.08.03 (Wed)

レッスン45回目

今日は水曜日、レッスンの日です。

今週から新しい課題曲「ワルツ by J.Brams」を練習しています。
私のワルツのイメージは「3拍子でテンポの良い曲」です。
先週のレッスンで先生が数小節だけ弾いてくれたのを録音で何度も聴きましたが、
優雅にダンスをする姿がイメージできる綺麗な曲でした。

ワルツ by wikipedia
 ワルツまたは円舞曲とはテンポの良い淡々とした舞曲、及びそれに合わせて踊るダンス
 (⇒ワルツ (ダンス))のことである。舞曲としてのそれは3拍子であるのが一般的である


イメージは間違ってなかったようですね。
今回のワルツは3拍子と言っても「付点4分音符+8分音符×3」のリズムを刻む感じです。
どうしてもメトロノームに合わせて弾くことが難しくて、どんどん速度を落としていって、
上手に合わせれたテンポは「72」でした。
弾いてみた感触としてはとてもきれいなメロディーでバラードならこれで良いのではと思います。
でもこの曲はワルツなのでこのスローテンポでは雰囲気がでないのでダメな気がします。
今日のところはこの仕上がりレベルで先生に指導してもらってきました。

【課題をチェック 】  
  篠崎バイオリン教本2 カイザー練習曲 No.1(P.52)
   リズムNo.11
     1小節を2音スタッカートで弾く+2音スラー
      ・2の指が1の指と離れている
      ・3の指の音が全部高い
      不合格
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  篠崎バイオリン教本2 No.12、13 ト調長音階
   9パターンのリズムで練習
      合格
    毎週チェック
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  篠崎バイオリン教本2 No.20 ワルツ by J.Brams
    譜読み段階でのチェック
     ・付点4分音符が少し短い
     ・繰り返しの指示で「1回目はこちら、2回目はこちらへ」"1""2"の読み方を教えてもらいました
     ・新しい指示「poco crese.」の弾き方を教えてもらいました
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
【次週の課題 】  
  篠崎バイオリン教本2 カイザー練習曲 No.1(P.52)
   ・リズムNo.11、12
  篠崎バイオリン教本2 No.12、13 ト調長音階
   ・9パターンのリズム
  篠崎バイオリン教本2 No.20 ワルツ by J.Brams
※※  ※※  ※※  ※※  ※※  ※※  ※※
<結果>
 レッスンの最後にテンポについて聞いてみました
  先生 「たしかに通常聴くワルツはもうちょっと速いかもしれませんね。
       でも速くすると単調になって歌えずに終わってしまうと思うんですよ。
       だから私は今ぐらいで進めれば良いと思いますよ。
       そのほうが強弱と歌い方も歌いやすいと思うので・・・。
       一度それで強弱付けてみて、速くても自然に強弱が付けれるようになってから
       イメージしたワルツに仕上げたらどうですか」

 とのことなので最適なテンポを探すのはちょっと先送りしようと思います^^ 
スポンサーサイト
16:05  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://seh777.blog134.fc2.com/tb.php/112-1e516e61

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |