2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.11.01 (Fri)

書籍を題材にした小説

本は主に「文庫本」を好んで購入してます。
軽くて小さくて安価なのが理由です。

本があるから通勤電車も苦になりません。
待ち合わで相手が遅れてきても本があれば気になりません。
もし本を持っていなくても近くに本屋さんがあればOKです。

ちなみに電子書籍は利用していません。
紙媒体の本が好きです。

今日は最近読んだ本の中から書籍を題材にした小説を紹介します。
シリーズ物などで長~く楽しめます。

その1:
 ・書店ガール
 ・書店ガール2
         作家:碧野圭 出版社:PHP文芸文庫
         
 ウマの合わない2人の女性書店員が、お店を大事に思い奮闘するお話です。

その2:
 配達あかずきん―成風堂書店事件メモ
 晩夏に捧ぐ (成風堂書店事件メモ(出張編))
 サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ  
          作家:大崎 梢 出版社:創元推理文庫
          
 
その3
 平台がおまちかね
 背表紙は歌う
          作家:大崎 梢 出版社:創元推理文庫
スポンサーサイト
17:35  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://seh777.blog134.fc2.com/tb.php/200-034f3f37

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |