2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.07.08 (Fri)

レッスン237、238回

現在の進み具合は
<進捗状況>
・カイザー No.20 合格
・協奏曲第5番 ニ長調 第3楽章(ロンド) by Seitz 合格
・協奏曲 イ短調 第3楽章 by ヴィヴァルディ new

カイザーはシャープ4つのホ長調です。
A線の[レ#]が使い慣れていので一連の動作が
 3ポジ[ミ] → 1ポジへ移動 → 1の指を置く → 3の指[レ#]へ置く
となってしまい間ができて前の音とつながりがなくなってしまいます。
ここのポジション移動を中心に練習し、合格となりました。

課題曲「協奏曲第5番 ニ長調 第3楽章(ロンド)」は先週合格となり次の課題曲へ
進みます。
次は「協奏曲 イ短調 第3楽章」で現在1ページ目の譜読みを行っています。
楽譜に書いてある指番号に従って練習をしていると(なんでこの指番号?)と思う
箇所が出てきて悩みました。
それでも楽譜に従って練習しているとその原因がみえてきました。
レッスンでその箇所について
 せー「先生、この箇所が弾きにくかったんですけど、ここ2ポジでしすよね?」
 先生「そーなんです、ここ2ポジなんですよ。気づきましたね!」
私は1ポジと3ポジしかまだ練習していないので2ポジの発想がありません。
どうやら、気づくか先生に試されたようです。^^
譜読みしてきた内容を一通り弾くと
 先生「ちなみに、この箇所は4ポジで弾きましようか?」
なんとなく3ポジのままでの指をずらせば弾けるからそのまま弾いていましたが、
なるほど、確かに指番号は4ポジで弾くことが前提のようでした。

それにしても[3ポジ→2ポジ]への移動は少しのずらすだけなのになぜこんなに音程が
狂うんだと驚いています。
スポンサーサイト
14:04  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://seh777.blog134.fc2.com/tb.php/259-3c8aadb8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |