2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.01.12 (Thu)

レッスン256回ぐらい

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
2017年のレッスンが始まりました。
毎年ですが冬になると寒くて練習量が激減します。( ̄▽ ̄;)
部屋の寒さ対策をいろいろ試していって、練習量キープを目指します。

現在の進み具合は
<進捗状況>
・カイザー No.23 NEW
・2つのヴァイオリンのための協奏曲 第1楽章 第2ヴァイオリン by バッハ

まずは今回からスタートしたNo.23ですが、♭3つの変ホ長調です。
楽譜には[♭ド][♭ソ]が出てきて"どこを(指で)抑えればいいんだ"って悩まされました。

課題曲「2つのヴァイオリンのための協奏曲 第1楽章 第2ヴァイオリン」は1ページ目
のみです。
音は間違えずに弾けるところまでだいたいとれました。
ただ、何か所か拍のとりかたが難しく先生と合わせてみたもののやっぱりズレます。
(家でメトロノーム相手に弾いてもダメですから当たり前です)
楽器を置いて歌うと少しづつ合うようになってきてるのでまずは繰り返す歌ってから
楽器で合わせていこうと思います。

今年のブログ更新も
ヴァイオリン続けてますよ!!
という報告程度になりそうですが、どうぞよろしくお願いいたします。
16:58  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.23 (Fri)

レッスン254、255回ぐらい

現在の進み具合は
<進捗状況>
・カイザー No.22 合格
・2つのヴァイオリンのための協奏曲 第1楽章 第2ヴァイオリン by バッハ

カイザーはNo.22が合格となり、次はNo.23でが篠崎3巻に入っているカイザーはこれでおしまい。
いよいよ正式に篠崎3巻の終了が近づいてきました。

課題曲「2つのヴァイオリンのための協奏曲 第1楽章 第2ヴァイオリン」は1ページ目
の譜読みを行っていますが拍の数え方に注意が必要です。
仕上げでは久しぶりに先生とアンサンブルができそうなので頑張ります。

さてこれで2016年のレッスンが終了しました。
今年は楽しみにしていた「ビブラート」まで到達でき、それ以降のレッスンはとても穏やかな気持ちで進みました。
もう6年半も続けているのにレッスンにいくたびに「あれができてない、ここを直さなきゃ」って次から次に課題が
見つかります。
つくづくヴァイオリンって難しいなぁと思うのと、一人でコツコツ練習すのが好きなので楽しいです。

2017年最初のレッスンは1月11日です。
17:24  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.09 (Fri)

レッスン250、251、252、253回ぐらい

現在の進み具合は
<進捗状況>
・カイザー No.22
・窮動 小組曲第6番 by ボーム 合格
・2つのヴァイオリンのための協奏曲 第1楽章 第2ヴァイオリン by バッハ New

カイザーは順調に進んでいます。
今週はスタッカートを付けるリズムで弾いたところ、悪い癖が久しぶりに顔を出しました。
苦手な箇所では左手だけではなく右手(弓)にも力が入って弦に加える力加減がおかしく
なりスタッカートをするたびにキュッ、キュッ、キュッという音が出てしまいます。
その音は先生にも聴こえていたようでスムーズに弾ける箇所では出てなくて、ぎこちなく
弾いてる部分でだけ音が発生していたそうです。
これは以前から起きていたことで苦労しながら修正してきたつもりだったんですが、
まだまだですね。( ̄▽ ̄;)

課題曲「窮動 小組曲第6番」は合格できました。
全編テンポが速い曲でここでも自分の癖を認識できました。
テンポが速くなるとポジション移動で
 上がるときは上がりすぎ
 下がるときは下げきれない
これで音程がどんどん合わなくなります。
久しぶりにヴァイオリンのネックにシールを貼ってポジションの移動距離と音程を
確認しながら練習しました。

次の課題曲はスズキバイオリン指導曲集 4の最後
 「2つのヴァイオリンのための協奏曲 第1楽章 第2ヴァイオリン by バッハ」
です。
となる予定でしたが先生との会話で
 せー 「カノン弾けたら楽しそうですよね、いつか弾いてみたいな~って思ってます。」
 先生「カノン楽しいですよ、次の曲に行く前にカノンやりましょうか。」
「2つのヴァイオリンのための協奏曲」はたっぷり時間かけて練習をする必要がある
そうで本格的な練習に入る前に「カノン」を急きょ「カノン」をやることになりそうです。

楽譜は先生に用意してもらい、少しだけ「2つのヴァイオリンのための協奏曲」
を練習して途中「カノン」を挟んでもう一度この曲に戻ることになりそうです。



16:16  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.31 (Mon)

レッスン249回ぐらい

最近ブログの更新が減りタイトルのレッスン回数が怪しくなりました。
おおよそでカウントアップしていくことにします。^^

現在の進み具合は
<進捗状況>
・カイザー No.22
・窮動 小組曲第6番 by ボーム

カイザーは変ロ長調(♭♭)、課題曲はニ長調(♯♯)この違う調を並行して練習することには
慣れています。ただ3ポジはD線、G線をほとんど使っていなかったのでまだ左手の指はスムーズ
には動かせません。これも数をこなしていくことで動くようになると思います。
カイザーでは不慣れなD線、G線が必要なので今はテンポを落として間違えずに指を置くことを
心掛けています。
ゆっくり同じテンポで弾いているのに
 先生「前半と後半は綺麗な音で弾けてるから、中盤も同じように弾きますしょう。」
これ自分では気がつかなかったことですが、前半と後半は左手は何も考えなくてスムーズに弾ける
けど、中盤は難しく指番号を頭で考えなが弾いています。
同じように弓(右手)を使ってるつもりでも無意識に力が入って音色の違いとして表に出ちゃうんですね。

課題曲「窮動 小組曲第6番」は慣れてきたので次は曲に表現を
付けていきます。
楽譜では音階が上がっていくのにクレッシェンド弾くのかなっと思うと記号はデクレッシェンドがついいる
など自分がイメージする方向と違う
箇所が多く曲のイメージつくりは難しそうです。
 先生「難しく考えずに参考程度にして、自分の弾きたいように弾いてみてください。」
と言われてます。
この曲の表現をどうするかを考えることが一番楽しいです。
ただ思い通りに弾ける技量はありません。( ̄▽ ̄;)!!
16:34  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.13 (Thu)

レッスン246、247、244、248回

現在の進み具合は
<進捗状況>
・カイザー No.22
・協奏曲 イ短調 第3楽章 by ヴィヴァルディ 合格
・窮動 小組曲第6番 by ボーム new

カイザーは変ロ長調で順調に進んでいます。
課題曲「協奏曲 イ短調 第3楽章」は先週合格しました。
レッスンでは結局は1度も間違えずに弾き通すことができませんでしたが、そこそこ安定して弾け
るところまではいけました。

次の課題曲「窮動 小組曲第6番 」です。
90%以上が16分音符の速い曲ですが、同じ音を2音ずつの組み合わせなので左手の忙しさは
実質8分音符と同じです。
譜読みもほぼ終わりました。今回は前の曲ほどは時間がかからな気がします。

先日、年に一度の健康診断に行ってきました。
結果は・・・この年になると無傷ではいられません(笑)
私の決め事で毎年健康診断と同じ月の「弓の毛替え」を行うことにしています。
これで(去年はいつ毛替えしたかな)って悩まなくて済みます。^^
今年は弓のグリップにまかれている革の部分が消耗していたので交換してもらいました。
そして楽器も診てもらったところ
「そろそろ駒の交換時期ですね」
とのことです。
去年も言われていたので(今年はパスして)来年には駒の交換を行います。
16:43  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT