2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2016.10.13 (Thu)

レッスン246、247、244、248回

現在の進み具合は
<進捗状況>
・カイザー No.22
・協奏曲 イ短調 第3楽章 by ヴィヴァルディ 合格
・窮動 小組曲第6番 by ボーム new

カイザーは変ロ長調で順調に進んでいます。
課題曲「協奏曲 イ短調 第3楽章」は先週合格しました。
レッスンでは結局は1度も間違えずに弾き通すことができませんでしたが、そこそこ安定して弾け
るところまではいけました。

次の課題曲「窮動 小組曲第6番 」です。
90%以上が16分音符の速い曲ですが、同じ音を2音ずつの組み合わせなので左手の忙しさは
実質8分音符と同じです。
譜読みもほぼ終わりました。今回は前の曲ほどは時間がかからな気がします。

先日、年に一度の健康診断に行ってきました。
結果は・・・この年になると無傷ではいられません(笑)
私の決め事で毎年健康診断と同じ月の「弓の毛替え」を行うことにしています。
これで(去年はいつ毛替えしたかな)って悩まなくて済みます。^^
今年は弓のグリップにまかれている革の部分が消耗していたので交換してもらいました。
そして楽器も診てもらったところ
「そろそろ駒の交換時期ですね」
とのことです。
去年も言われていたので(今年はパスして)来年には駒の交換を行います。
16:43  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.15 (Thu)

レッスン242、243、244、245回

現在の進み具合は
<進捗状況>
・カイザー No.21 合格
・カイザー No.22 new
・協奏曲 イ短調 第3楽章 by ヴィヴァルディ

重音だらけのカイザー No.21 は合格しました。
次のカイザー No.22 は♭2つの変ロ長調です。
カイザーは調が毎回変わるので満遍なく#♭の音が出てくるので譜読みが楽しいです。

課題曲「協奏曲 イ短調 第3楽章」はあと一歩です。
16分音符部分の速い箇所は間違えずに弾き通せる回数が増えてきました。
速いテンポの箇所はいつも左手をよく間違えます。
速い箇所は弾いてるとテンポが上がってしまう癖が一番の原因で、(おちつけ)と意識しな
がら弾くことでどうにか乗り越えれます。
この(おちつけ)を考える余裕がないときは100%失敗します。( ̄▽ ̄;)
来週はレッスンがお休みなので次回までに合格レベルまで仕上げたい!!
15:11  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.05 (Fri)

レッスン239、240、241回

現在の進み具合は
<進捗状況>
・カイザー No.21 new
・協奏曲 イ短調 第3楽章 by ヴィヴァルディ

カイザーは重音がたくさん出てきます。
 重音→単音→重音→単音→重音→単音
と順番に音を出すため弓(右手)を傾ける角度が重要です。
今回はじめて重音の[4の指 + 2の指]の組み合わせが出てきました。
この重音をスムーズに弾けるようになることが最大の難関になりそうです。

課題曲「協奏曲 イ短調 第3楽章」は3ページすべて譜読みが終わりました。
曲の中でメロディー部分と連続する16分音符部分とに分けて練習しています。
今年のテーマ「インテンポ」なので最終的には連続する16分音符部分がどのくらいの
テンポまで上げれるかで決まります。
最近の練習曲は難しく目の前の音符を追うこで精一杯なので、は一曲を間違えずに
弾き通せることができなくりました。
常に次の音も追いながら弾けるようにならないとなぁと思っています。
それだけ余裕を持てるまでもっと練習しなさいってことです。( ̄▽ ̄;)
15:18  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.08 (Fri)

レッスン237、238回

現在の進み具合は
<進捗状況>
・カイザー No.20 合格
・協奏曲第5番 ニ長調 第3楽章(ロンド) by Seitz 合格
・協奏曲 イ短調 第3楽章 by ヴィヴァルディ new

カイザーはシャープ4つのホ長調です。
A線の[レ#]が使い慣れていので一連の動作が
 3ポジ[ミ] → 1ポジへ移動 → 1の指を置く → 3の指[レ#]へ置く
となってしまい間ができて前の音とつながりがなくなってしまいます。
ここのポジション移動を中心に練習し、合格となりました。

課題曲「協奏曲第5番 ニ長調 第3楽章(ロンド)」は先週合格となり次の課題曲へ
進みます。
次は「協奏曲 イ短調 第3楽章」で現在1ページ目の譜読みを行っています。
楽譜に書いてある指番号に従って練習をしていると(なんでこの指番号?)と思う
箇所が出てきて悩みました。
それでも楽譜に従って練習しているとその原因がみえてきました。
レッスンでその箇所について
 せー「先生、この箇所が弾きにくかったんですけど、ここ2ポジでしすよね?」
 先生「そーなんです、ここ2ポジなんですよ。気づきましたね!」
私は1ポジと3ポジしかまだ練習していないので2ポジの発想がありません。
どうやら、気づくか先生に試されたようです。^^
譜読みしてきた内容を一通り弾くと
 先生「ちなみに、この箇所は4ポジで弾きましようか?」
なんとなく3ポジのままでの指をずらせば弾けるからそのまま弾いていましたが、
なるほど、確かに指番号は4ポジで弾くことが前提のようでした。

それにしても[3ポジ→2ポジ]への移動は少しのずらすだけなのになぜこんなに音程が
狂うんだと驚いています。
14:04  |  レッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.26 (Sun)

6周年記念

ヴァイオリン歴が6年となりました。

この1年の間にビブラートを教えてもらえるところまで到達しました。
あとは音がちゃんと鳴るように練習を沢山するだけです。

昨年は5年練習してきてビブラートの練習までたどり着けなかった焦りがありましたが
今はその焦りから開放され、ヴァイオリンに向かう気持ちが落ち着いた気がします。
最近はモチベーションが上がることも下がることも無く、今が一番いい感じです。
1曲に時間がかかっても焦ることなく練習できています。

7年目もこのペースでしっかり練習していきますよ!!

※※  ※※  ※※  ※※  ※※  ※※  ※※

今回も迷惑なことに【祝6周年記念 】の録音をしてみました。

曲は「スズキバイオリン4巻」から

・協奏曲第5番 ニ長調 第3楽章(ロンド) by Seitz

まだ合格できていない曲ですが一生懸命演奏しましたので、聴いていただけると幸いです。
後半の重音がフレーズごとに間があく部分をレッスンの仕上げでは修正してます。
01:44  |  ヴァイオリン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT